スポンサードリンク

痩せるダイエットの運動療法の効果

痩せるダイエットを目的に、運動療法を行うと運動(収縮)筋で大量のエネルギーが消費され、食事制限との併用で肥満の予防・解消効果があったと報告されています。痩せるダイエットを目的に、あまり強度の高い運動をすると、グルカゴン、カテコールアミンなど、インスリン拮抗ホルモンの分泌が増加します。
また、強度の高い過激な運動は、フリーラジカルの発生から血中過酸化脂質(TEARS)を増加させ、臓器障害性に作用して、加齢性変化を進行させます。中等度強度以下の運動では、筋のエネルギー源として糖質とFFAの両者が利用されます。
しかし、運動強度が高まるに従って糖質利用の比率が増大し、血中FFAが低下します。言い方を変えると脂肪分解の抑制が起こります。肥満の運動療法では、筋のトレーニングに加えて、脂肪組織に貯蔵されている脂肪の利用率を高めなければならず、痩せるダイエットを目的にするのでしたら、運動は中等度強度以下が望ましいとされています。
ダイエットで痩せることを目的に、運動療法を継続すると、個体のインスリン感受性を改善します。食事制限と身体トレーニングの継続により、肥満者で低下している筋・脂肪組織を中心とした末梢組織のインスリン抵抗性が改善します。
原発性肥満者、肥満2型糖尿病患者が適度な食事制限と身体トレーニングを継続すれば、体重減少ともにインスリン抵抗性は著明に改善し、腹部内臓脂肪を中心とした体脂肪が選択的に減少し、筋肉など除脂肪体重(LBM)は変化しません。
個体のインスリン抵抗性改善度と歩数計で評価した1日の歩数とは、
有意の正相関関係を示します。一方、運動療法を実施せず、極端な食事制限のみでダイエットで痩せることを目的に、減量しても体脂肪は減少せず、LBMが減少し、インスリン抵抗性は改善しません。
非肥満者に最大酸素摂取量に影響を及ぼさないような軽度の身体トレーニングを長期間継続させれば、体重の変化を伴わなくてもインスリン感受性が亢進します。ジョギングに代表される有酸素運動は、重量挙げのような無酸素運動よりも個体のインスリン抵抗性改善に有用です。
筋力・筋量の低下している高齢者では、チューブや軽いダンベルを用いたレジスタンス(筋力)トレーニングも有用です。インスリン抵抗性改善で代表される、ダイエットで痩せることを目的にした運動療法効果は
3日以内に低下し、1週間で消失します。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、インスリン抵抗性関連の動脈硬化に
促進的に働くことが知られています。ダイエットで痩せることを目的にした運動療法は、内臓脂肪を選択的に減少させます。
ダイエットで痩せることを目的にした運動療法実施は、血漿中性脂肪レベルの低下、高比重リポ蛋白(HDL)-コレステロールの上昇、軽度高血圧の改善をもたらします。このように、運動療法の実施は、多くのメニズムを介して動脈硬化進展抑制的に作用します。トレーニングの継続は、肥満者が食事制限を行った際に低下する基礎代謝や食事誘導性熱産生能(dietinducedthermogenesis ; DIT)を上昇させます。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/31629289.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せることが必要な肥満症がなぜいけないか

ダイエットで痩せる必要が、どうして肥満症にあるのでしょうか。肥満症はなぜダイエットで痩せることが必要ないのでしょう。ダイエットで痩せることが必要な肥満症に関連して、メタボリックシンドロームが、マスコミでも大きく取り上げられるようになっています。
メタボリックシンドロームとは、肥満、高トリグリセリド血症、高血圧、耐糖能異常の4個のうち3個以上重なった方についての言葉で、
心筋梗塞等の動脈硬化性疾患の発症危険率が、30倍以上に跳ね上がることが明らかになっています。
この場合の肥満は大部分内臓脂肪型肥満であるものと思われていますが、欧米ではその判定はウエスト周囲径測定でしかできないのに対し、
わが国ではすでに日本肥満学会の診断基準でも示されているようにCTスキャンによる内臓脂肪面積が採用されており、臍レベルのCTで内臓脂肪面積100cm2以上が内臓脂肪蓄積の基準とされています。
つまり内臓脂肪を基盤にした肥満症においては糖尿病、高脂血症、高血圧が集積することが多く、メタポリツクシンドロームの病態と一致します。ダイエットで痩せることが必要な肥満症がなぜいけないか、という疑問に対する、最も重要な答えは、心筋梗塞、脳梗塞などの生命予後を決定する恐い疾患のキーになっているからであるということです。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/45660652.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せることが必要な肥満の負荷に日本人は弱い

ダイエットで痩せることが必要な肥満症について言えば、わが国では欧米に比べて高度の肥満が少ないことは周知の事実であり、もし肥満の程度のみが肥満関連疾患の発症を規定するのなら、わが国に肥満の研究は不必要になります。しかし、糖尿病や高脂血症の頻度は欧米に匹敵することを考えると、日本人は肥満の負荷に弱いとも考えられ、
わが国では欧米よりもより繊細な肥満研究が必要なのです。最近の研究により、わが国では脂肪細胞の過剰蓄積による肥満症よりも、機能異常の問題がより重要な問題であることがわかってきました。ダイエットで痩せることが必要な肥満症診断のための合併症には、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化性疾患、脂肪肝が挙げられていますが、これらの特徴は一個人に複数併存しやすいことです。
そのなかでも特に、糖尿病、高脂血症、高血圧は動脈硬化のリスクファクターとして知られていますが、これらが一個人に集積する状態、つまりマルチプルリスクファクター症候群はきわめて強いリスクであることが確認されています。
1995年から厚生労働省の要請で行った作業関連疾患宿主要因の研究から、わが国の勤労者の動脈硬化性疾患発症要因としては、ダイエットで痩せることが必要な肥満を基盤とした糖代謝異常、高脂血症、高血圧の重積が最も大きなものであることが証明されました。
例えば、肥満、高トリグリセリド血症、高血圧、耐糖能異常の4個のうち3個以上重なった群は、何もリスクをもっていない群に比べて、動脈硬化性疾患の発症危険率は実に30倍以上に跳ね上がることが明らかになっています。
このような病態はメタボリックシンドロームとして今や欧米でも大きく取り上げられるようになっています。この場合の肥満は大部分内臓脂肪型肥満であるものと思われています。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/41968509.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる(遺伝子異常:PPARγ)

ダイエットで痩せることの必要な人に異常が見られる蛋白に、PPARγがあります。リボソーム増殖活性化受容体γ(PPARγ)は脂肪細胞分化や脂肪酸代謝に関係する蛋白です。この蛋白は糖尿病薬のインスリン抵抗解除薬、チアゾリジン誘導体投与により活性化され、未熟脂肪細胞を成熟細胞に分化させ、その結果、肥満糖尿病患者の脂肪細胞のブドウ糖取り込み能を回復させ、インスリン抵抗性改善の一因になっています。
山内らは、PPARγ遺伝子が異常の人は糖尿病になりやすいのではないと考え、この遺伝子の異常を探索しました。結果は予想と逆になり、
PPARγ遺伝子の構造で一二番目のプロリンがアラニンに入れ替わる、
単一遺伝子多型(遺伝子異常)を持つと、高脂肪食を食べさせても脂肪細胞が肥大しないでインスリン抵抗性が起こりにくいことが判明しました。
この遺伝子多型は白人が40%くらい持つのに、日本人は数%くらいしか持っていません。この結果、日本人が高脂肪食を食べると糖尿病になりやすい原因になっていると推定されています。これが、最近の日本人における糖尿病患者増加に脂肪摂取の増加と相俟って寄与しているものと考えられます。
最近、山内らは、PPARγの機能はU型で、機能低下でも機能上昇でも抗糖尿病作用を有するが、機能上昇のほうが抗動脈硬化作用を持つことを
PPARγの括抗薬(アンタゴニスト)と促進薬(アゴニスト)の研究によって報告しています。

**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10030126918.html
**********************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

母乳で赤ちゃんを育てると痩せるのか??

口コミでは成功したという人が本当に多いです!13kg太ったが母乳を飲ませていただけで三ヶ月で15kg 痩せた!!などと良く聞きます
母乳をのませているととにかくおなかが減る!!赤ちゃんに栄養を吸われるから痩せる!!という意見が多いです、産後ダイエットにいい影響を与えると考えるとやはりプロラクチンが関係していると思います
※プロラクチンは主に母乳を出すはたらきをするホルモンです
このホルモンには開いた骨盤の「靭帯」をもとに戻すはたらきももっています。出産→育児へのプロセスを司るホルモンです
赤ちゃんのことを考えても苦労して母乳を与える価値は十分にありますが母乳は栄養満点なので乳管につまってしまうと炎症を起こして乳腺炎を引き起こします
予防するには甘いものや油ものを控えることなによりも絞りきることが一番です
冷やしたり、揉んだりすることでも痛みは和らぎますがじゃがいもシップも有効です
じゃがいもシップはすりおろしたジャガイモと酢を混ぜ、そこに小麦粉を加えて、あつかいやすい固さにこね、ガーゼなどに貼って使用します
触ると飛び上がるほど痛く、熱も出るようなら迷わず病院に行ってください
産後7〜10日の間に出る粘りのある黄色っぽい母乳を初乳といいます
うまれたばかりの赤ちゃんはほとんど免疫能力を持っていません。初乳には抗菌性の物質や、免疫性の細胞群が豊富に含まれているうえタンパク質やミネラル等の栄養素も豊富です
生まれたばかりの赤ちゃんはこの初乳をもとに自分自身の免疫能力を作っていくため人工栄養で育った赤ちゃんと比べると風邪などにかかる確率は三分の一ほどです。
また腸内環境では大腸菌が十倍も少なく、アレルギーの発症も少なくなります。とはいっても母乳をどうしてもあげられない お母さんもいると思います。そのときは、初乳だけはがんばって与えてあげてください
母乳は栄養バランスの整った、赤ちゃんの免疫を高めるために必要なのでぜひとも飲ませてあげてやってください。母乳をあげることは産後ダイエットにも効果的です!赤ちゃんがおっぱいを吸うと、プロラクチンが出て母乳の出を良くし、さらに産後の子宮を締める作用があるので、回復が早くなります
母乳をあげることは、赤ちゃんだけでなくお母さんのためでもあります

産後ダイエット成功例:http://sangodietyeah.seesaa.net/

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットで痩せる(アディポネクチンの異常)

ダイエットで痩せることの必要な人に異常が見られる蛋白に、アディポネクチンという脂肪細胞から分泌される蛋白があります。このアディポネクチンという蛋白は、抗動脈硬化作用が示唆されていました。最近になってアディポネクチンがインスリン抵抗性に関与していることが明らかになりました。
遺伝子操作によって作られた脂肪細胞を持たないマウスではインスリン抵抗性を示します。ところが、このマウスに脂肪細胞を適量移植すると
インスリン抵抗性は解消します。その後、脂肪細胞を移植しなくても
アディポネクチン投与で同じ現象が認められました。アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、肥満の程度に逆相関して、肥満になるとアディポネクチンの分泌量は減少します。
このようなメカニズムは、同じように脂肪細胞から分泌される腫瘍壊死因子(TNF−α)やレプチンの分泌にも働いており、アディポネクチン分泌抑制作用として働いていることがわかってきました。アディポネクチンの単一遺伝子多型による糖代謝異常出現率の増加もみられています。
今後もダイエットで痩せることの必要な肥満に関係する遺伝子とその異常が見出されてくると考えられますが、人間の大部分の肥満には多因子の遺伝子が関与しています。このような遺伝子情報が出ると、そのような遺伝子情報を計算して遺伝子の関与率を推測することができます。
世界的に有名なClaude bouchardの計算によると、肥満の原因における遺伝子の関与率は25%くらいで、残りは環境となっています。今後もこの比率にはそれほどの変化はないと考えられます。

**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10030506450.html
**********************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。