スポンサードリンク

ダイエットと肥満の男女差

ダイエットで痩せる必要のある日本人の特徴について書きますが、女性については低体重の人が増え、肥満者はむしろ減っています。ところが、男性はどの年齢層でも肥満者の割合が増えています。ところが女性は50代以下で肥満者が減少傾向にあり、なかでも20〜30代でBMI 18.5未満の「やせ」の人が20年前の2倍近くに増えました。
国レベルの調査で、肥満の減少傾向が見られる国はほかになく、日本特有の現象だといいます。また調査で標準体重とされた女性の52%がもっとやせたいと考えていることも判明しました。「やせているほうが美しい」という意識は、強迫観念のように女性に染み付いているようです。
ある高校で生徒のダイエット指導をしていた教諭は、「女子にはやせると人生が良い方向に変わり、幸せになると思う傾向がみえる」といいます。
女性が見た目の理想に強くこだわるのは、スマートで美しいことが女性にとっては最大の価値で、勉強や仕事で成功しても美しくなければ最終的には成功したことにならないという、思いが根強いからかもしれません。肥満もやせも個人の努力や意識の変化だけでは歯止めはかけられません。
英国政府はやせたモデルの起用の自粛を呼びかけ、スナック菓子などの高脂肪食品に「脂肪税」と呼ばれる付加価値税をつける制度について検討しています。日本も厚生労働省が、「食環境整備に関する検討委員会」を設置し、「ダイエット食品を含め、食の供給側の責任についての議論を始めた」といいます。ダイエットで痩せる事を成功させ、肥満者を減らすには、社会全体で問題意識を高めていくことが大切なのです。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/32014538.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットが必要な内臓脂肪蓄積に基づく肥満症

ダイエットが必要な肥満症のなかで日本人に特に重要と考えられる、内臓脂肪蓄積に基づく肥満症、言い換えれば脂肪細胞の生理活性物質(アディポサイトカイン)分泌異常に基づく肥満症を放置した場合には、最終的な結果として動脈硬化を引き起こします。
脂肪細胞の生理活性物質(アディポサイトカイン)分泌異常に基づく肥満症はいま世界的にも大きな注目を浴びているメタボリックシンドローム、つまり、肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧をマルチプルに伴うと共通する病態ですが、この病態は単にリスクが集積することによって強いリスクになっているというだけではなく、脂肪細胞が異常分泌する生理活性物質(アディポサイトカイン)が、直接血管病変を起こすメカニズムが存在することによってきわめて強い動脈硬化惹起性を示すことがわかっています。
脂肪細胞が異常分泌する生理活性物質(アディポサイトカイン)には、
インスリン作用を阻害するTNFα、血栓形成に関与するPAI−1など多くの物質があることが分かってきています。これらの物質について研究が進めば、肥満症の治療だけでなく、糖尿病、高脂血症、高血圧などの治療にも役立つと考えられています。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/49377796.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。