スポンサードリンク

産後の女性の身体の変化

出産後の身体の変化に愕然としませんでしたか?
女性の身体は出産をすると身体の様々な異変が起きます。

・股の痛み
・筋肉痛
・股関節の痛み
・乳房の痛み
・体力の低下
・尿漏れ
・脚がつる
・鬱状態
・肌の悪化

などなど・・・

初めてのお産のときには赤ちゃんに母乳をあげて幸せな暮らしを想像していたと思います。しかし、現実はトイレに行くにもフラフラで身体のあちこちが痛いし、授乳だって乳首や乳房はすごく痛い。
「こんなはずでは・・・」と愕然とすることもあるでしょう。お産は病気ではありません。病気ではありませんが、産後は病後と同じです。
本来ならば産後1ヶ月のいわゆる産褥期には、家事など一切せずに布団で横になっているのが体調を回復するためにも一番重要な事です。
現実には難しいかもしれませんが体力が回復をする前に家事などをすると、頭痛や発熱、めまいなど様々なトラブルがあなたの身体を襲います。
夫婦二人で・・・というのもかなり無理があります。二人で育児に疲れて心身疲労が溜まりイライラしたり、お互いを思いやる余裕など生まれません。赤ちゃんもそれを察して泣くようになり、ノイローゼぎみになることも考えられます。
産褥期は身内の方にお願いしたり、プロのヘルパーさんに依頼するなりして、とにかく身体を休めることに専念したほうがいいのです。

産後ダイエット&身体のケア
http://sangohelp.blog75.fc2.com/blog-entry-2.html

アーティクルリソース:http://articlejapan.com/

産後ダイエットの正しい知識

産後の女性の体は想像以上のダメージを受けています。そのダメージが癒されるのを待ってくれる事もなく、育児はスタートします。出産前と出産後の体力の違いはあなたも実感されているでしょう。出産で消耗した身体と心のケアはとても重要なのです。ほおっておくと育児に支障をきたしたり、精神的に参ってしまうこともあります。
母親となったあなたの身体と心のケアをしながら、出産前の体型、いえそれよりももっと女性らしい身体を作っていきましょう。出産後の身体の変化に絶望する必要はありません。キチンと筋肉を使うことによって、より女性らしい身体になれるのですから。
産後ダイエットを行う前に、まずは出産で消耗した体力を取り戻し子育てをしっかり行えるようにセルフケアをすることが大事です。その後で、産後ダイエットについてのいろいろな情報や成功事例、有名人の産後ダイエット方法など取り上げながら産後ダイエットのお手伝いをします。

産後ダイエット 産後の身体のケア
http://sangohelp.blog75.fc2.com/blog-entry-1.html

アーティクルリソース:http://articlejapan.com/

正しい座り方と授乳姿勢

赤ちゃんがいたら、芸能人やお金持ちでない限りジムに行ってトレーニングなんていうことはできませんよね。そんな暮らしができないことを嘆くのではなく、普段の生活の中できちんとした正しい姿勢を身に付けるようにしましょう。赤ちゃんのいる生活の中では沢山の作業があります。普段の生活(料理・洗濯・炊事・掃除)に加えて授乳・オムツ換え・あやす・抱っこする・沐浴・消毒・etc...
いろんな事がありすぎてゆっくり自分の食事を摂るのもままならないような状況になります。そんな作業をする中でどうしても楽な姿勢をとりがちです。赤ちゃんを抱っこしたりするときにも正しい筋肉の使い方をしていないと、そのうち身体に負担がかかり、肩こりや腰痛などの原因になってしまうのです。正しい姿勢で生活をすることで筋肉が鍛えられ、基礎代謝が上がり結果的にダイエット効果もありますから、正しい姿勢を今のうちにしっかりと覚えてしまいましょう。
今回は授乳の時に肩の凝らない正しい姿勢を身に付ける練習です。体力が十分に回復していない状態で正しい姿勢を維持するのは辛いかもしれません。そんなときには壁やベッドなどを利用して寄りかかるようにしましょう。お尻を壁にぴったりくっつけた状態で背筋を伸ばして寄りかかりましょう。姿勢を維持するのがかなり楽になります。そしてあぐらをかいた状態でヒザの上にマットや枕などを置き、赤ちゃんに授乳をしやすい高さを調節します。
自分が前かがみになるとバストも下向きになり、肩こりや腰痛の原因になります。正しい姿勢で赤ちゃんに授乳ができるように高さを調節することが大事です。肩などに無駄な力が入っていないか、確認をしながら正しい姿勢を保つようにしましょう。

産後ダイエット&身体のケア
http://sangohelp.blog75.fc2.com/blog-entry-7.html

アーティクルリソース:http://articlejapan.com/

お尻すっきりエクササイズ

まず、鏡に向かって横に立ち、あなたの身体のラインを確認しましょう。骨盤が前に倒れすぎておなかの周りの脂肪が垂れ下がり、下腹部がぽっこりしていませんか?または骨盤が後ろに倒れ、恥骨とおへその距離が近くなっていて三段腹になっていませんか?骨盤の位置を確認しながら、一番美しい立ち方を身に着けましょう。骨盤の角度によって筋肉の使われ方が違うことを実感してください。姿勢を正すだけであなたのぽっこりおなかはすっきり見えるはずです。
次に鏡におなかを写しておへそを上下に動かしてみましょう。初めは動かないかもしれませんが、繰り返すことによって動かすことができるようになります。腹筋を鍛える前にキチンとおなかの筋肉がコントロールできるようになるためにも繰り返し動かしてください。おへそのコントロールができるようになったら腹筋運動をします。
腹筋運動は正しい姿勢で行うとかなりの負荷がおなかにかかります。
間違った姿勢で腹筋を行うと服直筋が鍛えられず他のところに痛みが出ることもありますので、正しいフォームで腹筋運動をしましょう。恥骨から肋骨まで伸びている腹直筋は出産の為に妊娠後期は左右に追いやられ、伸びてしまっています。産後はその筋肉を意識的に回復させる必要があります。
恥骨から肋骨の距離を確認し、そこの筋肉が伸び縮みをしていることを実感しながら腹筋運動を行ってください。初めは肩と頭を浮かせた状態で行います。ヒザを立て座った状態で恥骨とみぞおちに手を当てて腹直筋の長さを実感してください。そのまま目線は前方に向けたまま、ゆっくりと身体を倒していきます。床まで寝ずに途中で止めて、今度は腹直筋を縮めながら状態を起こします。
初めはかなりきついので足は開いていてもかまいません。徐々に足を閉じ、身体を倒す角度を大きくしていきましょう。慣れてきたら上体を起こすときに左右にひねりながらお腹の横の筋肉(腹斜筋)も鍛えていきます。

産後ダイエット&身体のケア
http://sangohelp.blog75.fc2.com/blog-entry-14.html

アーティクルリソース:http://articlejapan.com/

産後ダイエット

妊娠中に太ってしまい、出産後も思ったより体重が落ちなくて、産後太りに悩むママさんは多いと思います。また体重は戻ったけれど、おなかまわりのたるみが取れないと悩むひとも多いそうです。
産後ダイエットは産後6ヶ月までが勝負と言われています。これは、妊娠、出産によって広がった骨盤のまわりや産道に徐々に脂肪が着き、定着してしまうためで、それまでにエクササイズなどで骨盤を引き締めなおすことが大切だと言われています。
実際に出産後すぐにガードルを着けるひともいますし、そのように進める産院もあるそうです。骨盤矯正ベルトなどのグッズもたくさん販売されています。最近では女優の竹内結子さんが出産後に行ったダイエット
が話題になっています。妊娠前よりもウエストが8センチも細くなったのだそうです。
そのダイエット方法とはMicacoさんというトレーナーが考案した「インスパイリングエクササイズ」を実践するというものです。このエクササイズは、開いてしまった骨盤を矯正することによって、痩せやすい体質を作るほか、猫背、O脚、X脚の改善や、冷え性、むくみ、腰痛などの症状の緩和、改善にもなるそうです。
骨盤が開いて脂肪が付いてしまう産後太りだけでなく、ホルモンのバランスが崩れたり、体質が変わったりして太りやすくなるひともいるそうです。母乳育児の場合は自然と体重が戻る、とも言われていますが、その後母乳を止めても今までどおりの食事をしていたために太ってしまうひとも多いです。個人個人の体質や生活習慣を考慮して、それぞれにあったダイエットを見つけましょう。

***********************************************

あなたはもっとキレイになれる!ダイエット&小顔&シカ脚
http://kirei1202.23.dtiblog.com/

***********************************************

アーティクルリソース:http://articlejapan.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。