スポンサードリンク

ゼロカロリーの誤解!

現在,ダイエット飲料や食品の多くに,ゼロカロリー,カロリーオフ,ノンカロリーなどと様々な呼び名で登場している。私はこのカロリーオフの飲み物や食品の飲み過ぎや食べ過ぎに注意を促している一人でもある。それは,甘味成分の味覚の認知に関係している。幼い頃からカロリーオフの飲み物や食べ物を健康にいいからと勘違いして飲み続けたり,食べ続けると糖質本来の甘さを感じなくなるのである。
つまり,自然の甘さブドウ糖や砂糖,果糖,乳糖,オリゴ糖などの甘さが甘くなく,美味しいと感じなくなるのである。これらは,幼い頃から合成甘味料,例に挙げるだけでも,アセスルファムK(アセスルファム・カリウム塩)スクラロース,ズルチンなど,非糖質天然甘味料では,ステビア甘味料,グリチルリチン,ソーマチン,モネリンなど数えきれないぐらい使用されているのです。
特に私が危惧しているのは,数年前から欧米では禁止甘味料に指定されている「ステビア」が日本では人体への影響が科学的根拠が定かでないということで,一部の飲み物や食べ物に甘味成分(カロリーオフ)の食品やドリンクに今でも使用されていることである。ステビアは確かに,人体への健康被害の報告や研究データはあまりないが,私が危惧しているのは,ヒトの味覚障害に繋がる危険性が高くなるということである。
ステビアなどの合成甘味料を幼い頃から摂取し続けると,甘味の味覚が合成甘味料の甘さに慣れてしまい,ブドウ糖や果糖,砂糖などの甘さを感じなくなり,美味しいと感じなくなるのです。ブドウ糖などは,人間の脳の最大の栄養素であり,脳の活動に欠かせない栄養素でもあるのです。何よりの証拠にヒトの脳は栄養素の20%と酸素も40%も必要とする臓器であり,1400gの臓器がこれほどのエネルギーと酸素を必要としているのです。
ところが,幼い頃からカロリーオフや合成甘味料の飲み物や食品を摂取していると,脳に栄養素が行き届かず脳の栄養素不足に繋がります。
ヒトの脳が栄養素不足になると、脳の働きの低下に繋がり、記憶力の低下、疲れやすく切れやすくなるのです。興奮した状態を抑制出来なくなります。これらは脳内伝達物質のドーパミンやセロトニンなどの物質の分泌と深い関わり合いがあるのです。
また、カルシウム不足でイライラするのは、ニューロンネットワーク(脳細胞)の伝達(微電流)が円滑に行かないからです。このように現在の子供達や若者達がすぐに切れやすい、疲れやすいといった症状が現れるのは、私はブドウ糖などの脳の栄養不足が一因にあると考えている。
その一つの要因がカロリーオフの甘味料などであると仮説を立てている。
あまり大袈裟に因果関係を科学的に解明すると各方面から猛反発が予想されるが、甘味料を長期間摂取し続けると味覚、特に甘味を感じる感覚記憶に影響を与えることは確かである。つまり、飲み過ぎや食べ過ぎ、人工甘味料の摂り過ぎには注意が必要である。
現在のように無味、無臭、ゼロカロリーが歓迎される風潮が強いが、私は自然な食材、飲み物、食べ物に拘っているが、ヒトの口に入れるモノは慎重に選択をしたいものである。例えば、これから汗ばむ夏場、水代わりにスポーツドリンクなど塩分濃度の高い飲み物も飲み過ぎは良くないのである。高血圧症に繋がるからである。
最近ではカロリーオフのスポーツドリンクなども多く販売され、流行っている。飲み物に関しては意外と無関心、無知識のヒトが多いことに私は警鐘を鳴らしている。例えば、私の場合は運動も定期的にしているが、スポーツドリンクばかり飲んでいない。時にはビタミンCの多く含んだ飲み物、特に激しい運動後にはアスパラギン酸やアミノ酸を多く含んだ飲み物など私の場合は多種多様な飲み物を選択し、飲んでいる。
また、食後の飲み物も出来る限りカリウムやカルシウムを多く含む飲み物を選択している。
つまり、用途に合った飲み物を選択することである。睡眠の前の30分は脳の刺激を与える飲み物は控える。例えばコーヒーなどがそうである。逆に牛乳などのセロトニンなどは心を落ち着かせ、睡眠を促してくれる。
これから汗ばむ夏場、飲み物を飲む回数も増加します。出来る限りカロリーオフやゼロカロリーなど飲み物は決して身体に良くないことをご理解して頂き、必要な時にはエネルギーやブドウ糖などの摂取に心がけ、正しい栄養素を摂取することで脳も身体も健康に繋がります。まずは、飲み物や食品の主成分に注意を払い、本当に必要と思われるモノを選びたいものです。子供の健康や我々大人でも同様に口に入れるモノは慎重に選択をしたいものである。
五感教育研究所、主席研究員、荒木行彦


アーティクルリソース:http://articlejapan.com/

ダイエットの蛋白質成分・ミネラル・ビタミンの摂り方

ダイエットでも、基本的には、蛋白質は必須アミノ酸を含む動物性蛋白質(肉、魚、乳蛋白、卵白蛋白など)を十分(標準体重×1=約60〜70g)摂らなければなりません。かつて絶食療法が行われ、筋肉の萎縮や心筋障害起こし突然死もあったことからも、減量時には蛋白質を十分摂取することの重要性が経験的にも実証されています。減量時の蛋白質補給には、必須アミノ酸が全種補えない大豆蛋白(豆乳、豆腐)などは避けるべきです。
ちなみに、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)
に用いるフォーミュラー食では、乳蛋白と卵白蛋白が基本として用いられています。ダイエットで痩せるために減量中でも、ミネラル、ビタミンは十分に摂取する必要があります。骨軟化を抑制し、代謝を維持するためなどに必要な成分だからです。ミネラルとしては、カルシウム、鉄、銅、マンガン、マグネシウムなどが微量ながら大切でこれらを含む野菜、特に葉物、色野菜が選ばれます。通常は1日100g摂る(大盛サラダ皿2杯)ことを奨め、糖質(ご飯類、パン類)は極力減らします。
肥満者は一般に便秘傾向があり、これに減量食を摂ると便通は一層滞り、減量食中断の要因ともなりかねません。また、体重の減らない原因ともなります。したがって、減量食では残渣の多いもの(ごぼう、にんじん、たけのこ)、かさの大きいもの(こんにゃく、きのこ)、有機酸含有食品線維成分(すっぱい果物、ヨーグルト)などを取り入れるようにしましょう。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29111330.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットにおけるVLCD療法

ダイエットで減量するためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)では、必須アミノ酸を含む蛋白質を50〜60g/日、各種ビタミンとミネラルを必要十分量含有し、糖質と脂質は極力少なくしたフォーミュラー食を用います。
フォーミュラー食には、オプチファースト、オペキュア、マイクロダイエットなとが商品化されています。1袋160〜180kcalです。総エネルギ480〜540kcal/日で、蛋白質は乳蛋白と卵白蛋白を含有し、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、ナトリウム、次いで水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンを含みます。
粉末となったものを水に溶かし, 1日3回服用する、水分は2〜3リットル摂り、尿量を1日1,000ml以上確保するようにします。安全性に関しては、確実に摂取できれば肝機能や腎機能などに影響はありません。ただし、尿酸値の上昇がみられます。これは飢餓時に脂肪が動員され、脂肪がβ酸化してケトン体ができると、腎臓でケトン体と尿酸が競合し、尿酸排壮が抑制されるためと考えられています。
ダイエットで痩せるためのVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)完全法では体重減少が顕著で、1日約250〜300g、1か月5〜10kgまでの減量が得られます。空腹感は個人差がありますが、
ケトン体が出てくると抑制され、継続が可能となります。虚血性心疾患などがない症例、また精神的健康度の高い重症肥満で用いられます。
ダイエットにおけるVLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)の完全法は食べるという楽しみがないため、効果があるとはいえ、なかなか継続実行しにくいのが現状です。
それに対して、不完全法として1日1袋を1〜2回摂り、後は一般食を1食400〜500kcalを1〜2回摂る方法があります。これだと実施が容易ですが、効果はやや鈍り、1か月当たり2〜3kgの体重減となります。
完全法、不完全法のいずれもダイエットが必要な肥満症患者とのコミュニケーションが大切で、肥満症患者が納得してから開始する必要があります。
ダイエットの低エネルギー食療法に用いる一般食での蛋白質保持調整食
(protein sparing modified fasting)選択時の注意点を紹介しまする。
一般食での蛋白質保持調整食とは、蛋白質25g、各種ビタミン(脂溶性、水溶性)とミネラルを必要量含んだもので1食400kcalです。原則、1日これを3食摂れば、栄養学的には問題のない基本的なものです。カロリーを上げる場合には、これを基礎に糖質と脂質を増やします。
************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29113891.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットには日常生活運動も大事

ダイエットで痩せるために、米国の公衆衛生当局は、子供と遊んだり窓をふいたりすることも立派な"エクササイズ"としています。しかし、エクササイズの定義をいくら広げても、米国人のなかには、まったく運動をしない人が25%もいます。
週の大半、1日最低30分は体を動かすという推奨ラインをクリアしているのは全体の3分の1以下です。しかも、この推奨ラインの運動には
生活習慣病のリスクを下げる効果しかありません。つまり、カロリーの摂取量を減らさずに体重を落としたいなら、もっと体を動かす必要があります。その点は子供も同様です。
ダイエットのために、トレーニングマシンなどで汗を流している少年もいますが、子供や少年の肥満は1980年の3倍近くに増えました。米国では多くの家庭が都心から郊外に移り住み、歩くのに適した道が近所になくなりました。その結果、今の子供たちは徒歩ではなく、車で学校に通うようになりました。しかも大半の学校が、体育の授業を減らしています。

日常生活運動におけるカロリー燃焼量
 
バスケットボールをする:280kcal
手押し式の芝刈り機で芝を刈る:193kcal
自宅で車を洗う:104kcal
小型トラクターで芝を刈る:88kcal
食器を洗う:80kcal
食事を作る:70kcal
テレビゲームで遊ぶ:53kcal
トランプで遊ぶ:52kcal
食洗器に食器を入れる(10分):35kcal
テレビを見る:35kcal
洗車に行く:35kcal
階段を昇る(2分):19kcal
歩いて同僚の机まで行く(1分):4kcal
エレベーターに乗る(2分):3kcal
同僚にメールを出す(作業時間1分):2kcal
食事のデリバリーを注文する(1分):1kcal
(カロリー消費量は,体重68キロの人が30分間作業した場合の概算)

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30823197.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

ダイエットのリバウンドについて

無理なダイエットの反動で、急に食べてしまったり食べなくなったり。
カラダとココロのバランスに変化が起きて、ダイエットによるストレスがたまり、自分をコントロールできなくなって、逆に食事をしてしまうことをリバウンドと呼んでいます。ストレスからリバウンドすると、ダイエットを開始する前よりも体重が増加してしまい、さらにストレスがたまり、精神的負担から嘔吐を繰り返す方もいます。
自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、せっかくのダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。実際に、それを繰り返し食べられなくなり、太りたくても太れなくなってしまい、病院に通うなんてケースも少なくありません。たまにはお酒も気分転換にいいでしょう。楽しいことも一切カットしてしまってダイエットしては、本末転等です。
「食事をする」楽しみは大切にしながら、内面も磨く努力をすること。そうすれば、憧れていたプロポーションや、今まで欲しかった洋服が着れるようになるのです。マイペースを心がけましょう!無理のないよう自分自身のペースで良いのです。少しぐらい、寄り道してもダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。ダイエットに関するたくさんの情報に踊らされないように、自分自身の体にあったダイエット方法を見つけていく努力をしましょう。
外面だけでなく、カラダの内側からもキレイになる!食べて痩せることに本当の「美しさ」があるのです。

ダイエットと運動

カロリー計算をきっちりとして食事の制限をしてきたけれど、肝心の体重が減る傾向が見られない!なんで。食べながらダイエットしても、食生活だけでなく生活自体がだらけていては、ダイエットの効果も半減です。
ただ、今まで激しい運動をしてなかった方が急にジムに行き始めても挫折するのは当たり前です。せっかくの努力も、このように自分自身を責めてしまったら、何のためのダイエットなのか意味が分りません。
最近は、「運動によるダイエット」が流行り、お家でエクササイズが出来るDVDに非常に人気が出ています。DVDは、お値段も安いので、ちょっと気になるものがあったら初めてみるのもいいかもしれません。
テレビを見ながら毎日継続することで、少しずつ運動をカラダに慣れさせてダイエットしていくのです。体重計には毎日必ず乗るようにすること。これが一番たいせつなダイエットを継続させるコツでもあります。自分のカラダの微妙な変化に敏感になることが大切です。
毎日の食事や運動に気をつけることで、体重を一定に保つことは、そう難しくないはずです。少しぐらい、寄り道してもダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。

カロリー計算とダイエット

日頃私達が口にしている「食べ物」には、それぞれカロリーと言う数値で測ることができます。その数値であるカロリーはラテン語「Calor」が語源となっていて、意味は「熱」です。カラダを動かす為には、必要な熱量があります。
その絶対に必要な熱量を超えたものは体内に蓄えられるのです。蓄えられた熱量も度が超えると脂肪になってしまいます。その脂肪はまさに肥満の原因になります。せっかくの努力も、このように自分自身を責めてしまったら、何のためのダイエットなのか意味が分りません。
自分の最低限必要なカロリーの計算をしっかりとしながらダイエットを実行すれば、健康的なプロポーションを手に入れることができます。カロリーの計算なんて、一体どのようにすればよいのでしょうか。食事の度に、時間とカロリーをメモしておくのです。そうすると、ご自身の「食生活」がみえてくるはずです。
カロリー計算を毎日すれば、自分の食生活にいつも気をつけることができます。そんな身近なところからダイエットははじまるのです。ダイエットの基本はまず、自分の一日の活動に必要なカロリー(熱量)を知ることです。自分のカロリー摂取量をきちっと把握していれば、決して体重が増えることは無いのです。

短期ダイエットの前に

ダイエットをはじめようと思っている方のために。
世界の中でも特に日本の女性たちがダイエットと言う言葉に対してとても敏感になっていて、外国の人から見たら「別に太っていないよ。痩せているのにどうして?」と思われている事をみなさんご存知でしょうか。それでも、日本では多くのメディアが日々ダイエット情報を取り上げており、中には健康に害がありそうなものや、大変危険なものまで存在しているようです。
他人と比べるのでは無く、自分自身が健康的であるのが、一番ふさわしいプロポーションであるのにも関わらず、氾濫するダイエット情報の中で見失っている人が大変多いように感じられます。ダイエットに対する間違った認識から、食べることは、いけない事のように考えて、極端な食事制限をしたり、太ってしまったらといつも不安感いっぱいで過ごしたリ、様々な病気を引き起こしたりする例も見られるようです。
短期ダイエットは、ご自身の体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたら休憩するという事も、きちんと頭に入れておきましょう。短期ダイエットを実行する前に、ご自身が本当に太っているのか、ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。その調べる方法は、BMI指数というものです。男女共通の肥満度を求める計算式です。
計算結果により肥満度が分ります。BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。
計算結果の数値によって、肥満度が分ります。数値が、20以下の時は痩せている、24以下の時は標準、26.5以下の時はやや肥満、26.6以上の時は肥満ということになります。どのタイプか知った上で、体系にあったダイエット方法をして下さい。ガリガリに痩せるのが理想ではないはずです。

短期ダイエットのポイント

短期ダイエットのポイントについて。
短期ダイエットを望む女性の方が多くいるようですね。理由も様々のようです。久し振りに彼に逢うからとか、夏の水着までに何キロやせるとか理由はいろいろですね。このように短期ダイエットをはじめる人は、何かしらのイベントに向けてという理由が大半です。
短期ダイエットとは、どのくらいの期間のダイエットのことを云うのでしょうか?3日間や1週間という短期のダイエットもたくさんあります。気をつけなければならないのが、このような短過ぎる期間で行うダイエットでは、カラダの無駄な脂肪を落とすことは、ほとんど不可能であるということです。1週間程度の短い期間では、効果にバラツキがあってあまりおすすめできません。
何よりも、女性の生理周期と深い関係のある体内の排泄物除去や水分調節という大切なカラダの機能の周期が約1ヶ月であることを忘れてはなりません。短期でダイエットをしてしまいたい時でも最低でも1ヶ月の期間は必要になってきます。
短期ダイエットはリバウンドをしやすそうに感じますが、食事制限だけでは、飢餓状態となり筋肉を落としリバウンドするのは確かです。短期ダイエットと一緒に筋力運動も行なえばリバウンドを防ぐことは可能なのです。
食事制限だけ短期にしてしまうと、筋肉も一緒に落ちてしまうことも良く覚えておきましょう。筋肉が落ちてしまうと、食べても太る体質になってしまいますので気をつけましょう。
長期だから、短期だからでダイエットが成功するわけではなく、ダイエットの選択方法に、成功があるのです。ダイエット成功のポイントは、長期でダイエットを考えている人も、最初は短期を目指して集中してダイエットをしてみて、その結果を見てからダイエットを続けるのか、体重をキープするのかの選択をすればいいのです。

炭水化物ダイエットの危険

アトキンスダイエットとして、アメリカでも同じく炭水化物をカットする炭水化物ダイエットの方法があり、数多くの成功例もあがっているようです。炭水化物ダイエットは、インシュリン効果があり血糖値の上昇を抑えるようです。
アメリカでのアトキンスダイエットは糖尿病食のアレンジとも言われています。炭水化物を取らないアトキンスダイエットには、糖質をカットする効果がありますが、実はこの糖質は脳になくてはならない大事な栄養素のひとつなので、アトキンスダイエットにより糖質をカットすることで、カラダに違和感を感じたり、偏頭痛を訴える人もいます。
アトキンスダイエットによる炭水化物の摂取不足による反動で動物性食品を過敏に摂取することになり、結果として生活習慣病を招きやすくなる傾向があるようです。そして、日本人は、便秘のリスクも高める。
これは、日本人の腸の長さに関係する。また、日本人は、お米や麺類など炭水化物を好んで食する傾向があるので、炭水化物ダイエットを長期続けるのは困難な方が多いのも事実です。
これらのことから、炭水化物ダイエットは短期に体重を落とすには確かに効果的ですが、後々の健康面の事を考えて行えない点でリスクが高いといえます。やはりバランスが良い食事を取りながら行なうダイエットの方が、日本人には向いているのではないのでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。