スポンサードリンク

ダイエットで痩せることが必要な肥満症がなぜいけないか

ダイエットで痩せる必要が、どうして肥満症にあるのでしょうか。肥満症はなぜダイエットで痩せることが必要ないのでしょう。ダイエットで痩せることが必要な肥満症に関連して、メタボリックシンドロームが、マスコミでも大きく取り上げられるようになっています。
メタボリックシンドロームとは、肥満、高トリグリセリド血症、高血圧、耐糖能異常の4個のうち3個以上重なった方についての言葉で、
心筋梗塞等の動脈硬化性疾患の発症危険率が、30倍以上に跳ね上がることが明らかになっています。
この場合の肥満は大部分内臓脂肪型肥満であるものと思われていますが、欧米ではその判定はウエスト周囲径測定でしかできないのに対し、
わが国ではすでに日本肥満学会の診断基準でも示されているようにCTスキャンによる内臓脂肪面積が採用されており、臍レベルのCTで内臓脂肪面積100cm2以上が内臓脂肪蓄積の基準とされています。
つまり内臓脂肪を基盤にした肥満症においては糖尿病、高脂血症、高血圧が集積することが多く、メタポリツクシンドロームの病態と一致します。ダイエットで痩せることが必要な肥満症がなぜいけないか、という疑問に対する、最も重要な答えは、心筋梗塞、脳梗塞などの生命予後を決定する恐い疾患のキーになっているからであるということです。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/45660652.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。