スポンサードリンク

ダイエットで痩せることが必要な肥満の負荷に日本人は弱い

ダイエットで痩せることが必要な肥満症について言えば、わが国では欧米に比べて高度の肥満が少ないことは周知の事実であり、もし肥満の程度のみが肥満関連疾患の発症を規定するのなら、わが国に肥満の研究は不必要になります。しかし、糖尿病や高脂血症の頻度は欧米に匹敵することを考えると、日本人は肥満の負荷に弱いとも考えられ、
わが国では欧米よりもより繊細な肥満研究が必要なのです。最近の研究により、わが国では脂肪細胞の過剰蓄積による肥満症よりも、機能異常の問題がより重要な問題であることがわかってきました。ダイエットで痩せることが必要な肥満症診断のための合併症には、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化性疾患、脂肪肝が挙げられていますが、これらの特徴は一個人に複数併存しやすいことです。
そのなかでも特に、糖尿病、高脂血症、高血圧は動脈硬化のリスクファクターとして知られていますが、これらが一個人に集積する状態、つまりマルチプルリスクファクター症候群はきわめて強いリスクであることが確認されています。
1995年から厚生労働省の要請で行った作業関連疾患宿主要因の研究から、わが国の勤労者の動脈硬化性疾患発症要因としては、ダイエットで痩せることが必要な肥満を基盤とした糖代謝異常、高脂血症、高血圧の重積が最も大きなものであることが証明されました。
例えば、肥満、高トリグリセリド血症、高血圧、耐糖能異常の4個のうち3個以上重なった群は、何もリスクをもっていない群に比べて、動脈硬化性疾患の発症危険率は実に30倍以上に跳ね上がることが明らかになっています。
このような病態はメタボリックシンドロームとして今や欧米でも大きく取り上げられるようになっています。この場合の肥満は大部分内臓脂肪型肥満であるものと思われています。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/41968509.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。