スポンサードリンク

ダイエットで痩せる(遺伝子異常:PPARγ)

ダイエットで痩せることの必要な人に異常が見られる蛋白に、PPARγがあります。リボソーム増殖活性化受容体γ(PPARγ)は脂肪細胞分化や脂肪酸代謝に関係する蛋白です。この蛋白は糖尿病薬のインスリン抵抗解除薬、チアゾリジン誘導体投与により活性化され、未熟脂肪細胞を成熟細胞に分化させ、その結果、肥満糖尿病患者の脂肪細胞のブドウ糖取り込み能を回復させ、インスリン抵抗性改善の一因になっています。
山内らは、PPARγ遺伝子が異常の人は糖尿病になりやすいのではないと考え、この遺伝子の異常を探索しました。結果は予想と逆になり、
PPARγ遺伝子の構造で一二番目のプロリンがアラニンに入れ替わる、
単一遺伝子多型(遺伝子異常)を持つと、高脂肪食を食べさせても脂肪細胞が肥大しないでインスリン抵抗性が起こりにくいことが判明しました。
この遺伝子多型は白人が40%くらい持つのに、日本人は数%くらいしか持っていません。この結果、日本人が高脂肪食を食べると糖尿病になりやすい原因になっていると推定されています。これが、最近の日本人における糖尿病患者増加に脂肪摂取の増加と相俟って寄与しているものと考えられます。
最近、山内らは、PPARγの機能はU型で、機能低下でも機能上昇でも抗糖尿病作用を有するが、機能上昇のほうが抗動脈硬化作用を持つことを
PPARγの括抗薬(アンタゴニスト)と促進薬(アゴニスト)の研究によって報告しています。

**********************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/entry-10030126918.html
**********************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。