スポンサードリンク

ダイエットの蛋白質成分・ミネラル・ビタミンの摂り方

ダイエットでも、基本的には、蛋白質は必須アミノ酸を含む動物性蛋白質(肉、魚、乳蛋白、卵白蛋白など)を十分(標準体重×1=約60〜70g)摂らなければなりません。かつて絶食療法が行われ、筋肉の萎縮や心筋障害起こし突然死もあったことからも、減量時には蛋白質を十分摂取することの重要性が経験的にも実証されています。減量時の蛋白質補給には、必須アミノ酸が全種補えない大豆蛋白(豆乳、豆腐)などは避けるべきです。
ちなみに、VLCD療法(超低エネルギー食療法:very low calory diet)
に用いるフォーミュラー食では、乳蛋白と卵白蛋白が基本として用いられています。ダイエットで痩せるために減量中でも、ミネラル、ビタミンは十分に摂取する必要があります。骨軟化を抑制し、代謝を維持するためなどに必要な成分だからです。ミネラルとしては、カルシウム、鉄、銅、マンガン、マグネシウムなどが微量ながら大切でこれらを含む野菜、特に葉物、色野菜が選ばれます。通常は1日100g摂る(大盛サラダ皿2杯)ことを奨め、糖質(ご飯類、パン類)は極力減らします。
肥満者は一般に便秘傾向があり、これに減量食を摂ると便通は一層滞り、減量食中断の要因ともなりかねません。また、体重の減らない原因ともなります。したがって、減量食では残渣の多いもの(ごぼう、にんじん、たけのこ)、かさの大きいもの(こんにゃく、きのこ)、有機酸含有食品線維成分(すっぱい果物、ヨーグルト)などを取り入れるようにしましょう。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29111330.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。