スポンサードリンク

痩せるダイエットの運動療法の効果

痩せるダイエットを目的に、運動療法を行うと運動(収縮)筋で大量のエネルギーが消費され、食事制限との併用で肥満の予防・解消効果があったと報告されています。痩せるダイエットを目的に、あまり強度の高い運動をすると、グルカゴン、カテコールアミンなど、インスリン拮抗ホルモンの分泌が増加します。
また、強度の高い過激な運動は、フリーラジカルの発生から血中過酸化脂質(TEARS)を増加させ、臓器障害性に作用して、加齢性変化を進行させます。中等度強度以下の運動では、筋のエネルギー源として糖質とFFAの両者が利用されます。
しかし、運動強度が高まるに従って糖質利用の比率が増大し、血中FFAが低下します。言い方を変えると脂肪分解の抑制が起こります。肥満の運動療法では、筋のトレーニングに加えて、脂肪組織に貯蔵されている脂肪の利用率を高めなければならず、痩せるダイエットを目的にするのでしたら、運動は中等度強度以下が望ましいとされています。
ダイエットで痩せることを目的に、運動療法を継続すると、個体のインスリン感受性を改善します。食事制限と身体トレーニングの継続により、肥満者で低下している筋・脂肪組織を中心とした末梢組織のインスリン抵抗性が改善します。
原発性肥満者、肥満2型糖尿病患者が適度な食事制限と身体トレーニングを継続すれば、体重減少ともにインスリン抵抗性は著明に改善し、腹部内臓脂肪を中心とした体脂肪が選択的に減少し、筋肉など除脂肪体重(LBM)は変化しません。
個体のインスリン抵抗性改善度と歩数計で評価した1日の歩数とは、
有意の正相関関係を示します。一方、運動療法を実施せず、極端な食事制限のみでダイエットで痩せることを目的に、減量しても体脂肪は減少せず、LBMが減少し、インスリン抵抗性は改善しません。
非肥満者に最大酸素摂取量に影響を及ぼさないような軽度の身体トレーニングを長期間継続させれば、体重の変化を伴わなくてもインスリン感受性が亢進します。ジョギングに代表される有酸素運動は、重量挙げのような無酸素運動よりも個体のインスリン抵抗性改善に有用です。
筋力・筋量の低下している高齢者では、チューブや軽いダンベルを用いたレジスタンス(筋力)トレーニングも有用です。インスリン抵抗性改善で代表される、ダイエットで痩せることを目的にした運動療法効果は
3日以内に低下し、1週間で消失します。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、インスリン抵抗性関連の動脈硬化に
促進的に働くことが知られています。ダイエットで痩せることを目的にした運動療法は、内臓脂肪を選択的に減少させます。
ダイエットで痩せることを目的にした運動療法実施は、血漿中性脂肪レベルの低下、高比重リポ蛋白(HDL)-コレステロールの上昇、軽度高血圧の改善をもたらします。このように、運動療法の実施は、多くのメニズムを介して動脈硬化進展抑制的に作用します。トレーニングの継続は、肥満者が食事制限を行った際に低下する基礎代謝や食事誘導性熱産生能(dietinducedthermogenesis ; DIT)を上昇させます。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/31629289.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。