スポンサードリンク

ダイエットの半飢餓療法

ダイエットによる、肥満症に対する食事療法には、絶食療法、超低エネルギー食療法(半飢餓療法、very low calory diets;VLCD)、低エネルギー食療法(LCD)があります。VLCDでは、1日の摂取エネルギー600kcal前後の食事療法を1週間以上継続します。VLCDは短期間での減量効果は大きいのですが、重篤な合併症を引き起こすこともあるため、行うには専門医による十分な検討が必要です。ダイエットで痩せるための VLCD が適応となるのは、小児、妊婦を除く17〜70歳の成人、BMI(body mass index) 30 kg/m2以上で一般の低エネルギー食での治療に抵抗性の難治性高度肥満患者、肥満による障害のため早期に体重減少を必要とする方です。
禁忌は、比較的新しい心筋梗塞の既往のある者や、不安定狭心症、重篤な不整脈、脳血管障害、肝腎障害、消耗性疾患、精神疾患、1型糖尿病の患者、妊婦などです。VLCDによる副作用として、突然死、QT延長、心室性不整脈、胆石、高尿酸血症、痛風、膵炎、下痢、便秘、悪心、起立性低血圧などがあります。
VLCDでは、1日摂取エネルギー420kcalに蛋白質70g、糖質30g、脂肪2g、
ビタミン、補酵素、微量元素を含み、体蛋白の過剰な喪失を防ぐよう調整された規格食品を用い、実施には入院治療を原則とします。
VLCD開始前に低エネルギー食を1〜4週間実施し、徐々に減量していきます。VLCD期には規格食品を1日3回に分け水に溶いて服用し、そのほかに水分1日2〜3l以上を摂取します。副作用の観点からVLCDの継続は4週間、長くても8週間とします。
VLCD終了後は2〜3週間かけて低エネルギー食(800〜1,000kcal)から
徐々に減量療法へと移行していきます。この際、急激に摂取エネルギーを増大させると不整脈を合併しやすく、VLCDによる死亡が終了後2週間以内に多いことから、回復期にも注意が必要です。治療中は血液、尿、心電図検査を最低でも隔週行い、適切な経過観察が必要です。
一般にVLCDによって2型糖尿病や高血圧は改善するため、内服薬などは減量または中止とします。利尿薬は特に低血圧と電解質異常の危険があるため、VLCD前に中止すべきです。
ダイエットに対して、VLCDは、1週間に女性1.5〜2.Okg、男性2.0〜2.5kg、12週で平均20kgの減量効果があるなど、短期的な治療効果は大きいです。しかし、長期的には体重減少維持が難しく、3年以上の観察ではVLCD単独による減量成功率は14%と、800〜1,800kcalでの食事療法による成功率18%と比較し優れているとはいえません。
日本におけるVLCDによるダイエットでの治療報告でもリバウンドが多く認められています。VLCDに行動修正療法や外来受診を併用するとVLCDの成功率が上昇するとの報告や、VLCD中の運動療法の併用も勧められており、長期に減量を維持するためには、患者の性格などを加味してVLCD、LCDの適応を選択し、運動療法、行動修正療法などの併用も重要となります。

******************************************
痩せるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/day-20070110.html
******************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。