スポンサードリンク

ダイエットに効果的な食事療法

ダイエットに効果的な肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症と、A脂肪組織の増加による肥満症の2つに分けて考えます。
肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食に分類さます。肥満症の食事治療は標準体重にする必要はなく、肥満に伴う合併症を改善することにあります。
食事療法は肥満症治療に必須で、最も重要な治療法です。
肥満症の食事療法は1,800〜1,000kcal/日の肥満症治療食と、600kcal以下の超低カロリー食(very low calorie diet:VLCD)に分類されます。
肥満症の食事療法は、@脂肪細胞機能異常による肥満症(糖尿病、高脂血症、高血圧、高尿酸血症、脂肪肝、冠動脈疾患、脳梗塞)と、A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症(整形外科的疾患、睡眠時無呼吸症候群、月経異常)の2つに分けて考える必要です。

@脂肪細胞機能異常による肥満症のBMI25以上で内臓脂肪面積100以上
または健康障害を有する脂肪細胞機能異常による肥満症では、数kgの体重減少でも代謝異常が改善するので、1,800kcal程度の緩やかな肥満症治療食から始めます。具体的には(25kcal/kg×標準体重)を、目安にします。
A脂肪組織の増加による物理的障害による肥満症のBMI30以上で脂肪組織の増加による肥満症では、病態の改善のため体重を大幅に落として痩せることが必要ですので、より厳しい肥満症治療食、1,400kcal程度の緩やかな肥満症治療食が必要です。具体的には(20kcal/kg×標準体重)を、目安にします。

************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/30533127.html
************************************************

アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。